あなたは、今の睡眠に満足していますか?

sleepy.jpg






現代人は、とかく睡眠時間が不足がち。



というのも、仕事で夜が遅くなってしまうことに加えて、

今の世の中には娯楽や興味をそそる情報があふれ返っているため、

寝る間をおしんでパソコン、スマホやテレビにかじりついてしまうから。



その上、パソコンやスマホの液晶画面からブルーライトが発せられています。



ブルーライトとは、目に見える光の中でも目の網膜に到達する強い光で、

主に液晶画面のバックライトに使われるLEDから発生しています。



たとえば、朝日をずっと見続けていると、目が痛くなってくると思います。


ブルーライトは、この朝日に似た光で、とても強いエネルギーを持っています。



実は、このブルーライトこそが、あなたをさらに睡眠不足におとしいれる原因なんです。



なぜなら、ブルーライトの強い光には、あなたの目を疲れさせるだけではなく、

体内時計をも狂わせてしまう力があるからなんです。



このため、単なる目の疲れだけでなく、首や肩のコリ、痛みにつながるんですね。




とは言え、今の世の中、もはや液晶画面を全く見ない訳にはいきません。



だったら、上手くブルーライトと付き合っていくしかありません。



ブルーライトの影響を最小限にするには、一体どのようにすればよいのでしょうか?




【眠る前に液晶画面を見ないようにする】



スマホをベッドに持ち込んで、眠る直前まで画面を見ていませんか?



日中は忙しいので、リラックスタイムの寝床でスマホを…

というのが多いと思います。



実はこれが、眠っても疲れが取れない原因なんですね。



また、日中、パソコンを長時間使うなら、ブルーライトをカットするメガネや

フィルターを使ってみましょう。


目の疲労感が違ってきます。



私も仕事上、一日中パソコンを使うので、PCメガネを愛用しています。


たまにかけ忘れると、その日の目の疲労感が全く違います。



もし、あなたも、不眠、首や肩のコリ・痛みがあるなら、ぜひ試してみてください。


タグ