最近、仕事が忙しいために、私は、「ため息」をつくことが多いんですが、

あなたは、どうでしょうか?

tameiki.png



仕事や生活で、課題ややることが多いと、つい、ため息をついてしまいますよね。




ため息をつくと幸せが逃げる、と昔から良く言われていますが、

本当のところはどうなんでしょうか?




実は、ため息をつくことは、私たちの身体に必要なことなんです。



【ため息でリラックスできる】



ため息をつくときは、たいてい疲れたり、ココロが落ち込んでいたり等

ストレスを感じているときだと思います。



そういうときには、呼吸が浅くなっています。



浅い呼吸をしていると、だんだん血中の酸素が不足してきて、身体に疲労物質が溜まってくるんです。



これを解消するために、私たちの身体は、自己防衛として、

「ため息」という深い呼吸で酸素を取り込もうとしているんです。




また、私たちの自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経から成り立っています。


ストレスを感じているときには交感神経が優位になり、

逆に、リラックスしているときには、副交感神経が優位になります。



実は、深い呼吸によって、副交感神経が活性化されます。


つまり、ため息という深い呼吸によって、リラックスしようとしているんですね。



このことから、ため息をつくときには、過度に交感神経が働いているために

ストレスを感じていることがわかります。



だから、もしあなたがストレスを感じているなら、

深い呼吸=ため息をついてみましょう。



【きちんと真理を理解することが大切】


一般的には、ため息は良くない、と言われています。


周りの人に与える印象が良くないことがその理由でしょう。



しかし、ため息の真理を紐解いてみると、ため息が自己防衛反応であることが分かりました。



つまり、一般的に良くないと言われることも実際には全く逆ということもあるのです。



どんな情報でもそのまま信じるのではなく自分で真理を理解することが大切です。



だから、もしあなたがストレスを感じているなら、

我慢しないで、「はーーーっ」とため息=深呼吸してみましょう。



P.S.

もし、ため息では解決できないお悩みをお持ちならば、

遠慮なく私にメールをください。

⇒ nahchin★nbscr.info
(★を半角の@に変更してください)

一緒に解決策を考えていきましょう。

全力でサポートいたしますよ。
タグ