あなたの身近に、「この人デキるな」と思う人はいますか?



私の身近にもいますね。



会社で仕事ができる人、ビジネスで成功している人は何かが違いますよね。



一体何が違うのでしょうか?






それはおそらく「頭の回転の速さ」ではないでしょうか。




これって、生まれつきの才能? と思ってしまうかもしれません。


しかし、この「頭の回転の速さ」は、日頃の何気ない習慣の積み重ねの結果で出来てくるんですよ。




では一体、どのようにしたら頭の回転が速くなるのでしょうか?



それには、次の3つのことをやると良いんです。



1.身体を意識的に動かす


身体を動かすことで血流が良くなります。

血流が良ければ、脳にも酸素や活動エネルギーが滞りなく供給されるようになります。



2.課題を作って解決する


脳には、ラクな方へ進もうとする性質があります。

だから、課題を自分に課して、その課題を解決する方法を思考しましょう。


課題を設定すれば、脳は課題解決に向けてフル活用し始めますよ。



3.睡眠を十分取る


睡眠中、脳は、休息しながら、記憶の整理をすると言われています。


言い換えると、睡眠によって、記憶の引き出しが整理されるわけです。


つまり、多くの思考の結果や経験を整理して記憶することになるので、頭の回転スピードが上がるのです。



日々の思考の後には、20分程度の早歩きによる適度な運動と十分な睡眠をとって、

明日からの活動に備えましょう。



《編集後記》

今日は、職場の別部署にいる同郷の人たちと食事をしました。


同じ職場にいても、仕事が別々なのでなかなか顔を合わせることがないんです。


会話では、故郷の地名や出身中学校名が普通に通じるので、初対面の人達とも一気に仲良くなれました。


たまには普段会わない人と食事をするもリフレッシュになりますね。


明日からまた頑張れそうです。
カテゴリ
タグ