あなたは環境が変わったときにストレスを感じる方ですか?

start.jpg
あなたはもしかしたら、環境の変化が気になるタイプかもしれませんね。




私の場合は、おかげさまで幸いなことに、環境の変化はあまり気になりません。





たとえば、出張などで慣れない土地のホテルに泊まったときに枕が変わったために寝付けない等、

あなたが意識する・しないにかかわらず、少なからずストレスを感じることがあるかもしれません。




しかし、こうした変化は、耐えがたいストレスにもなる一方で、

とらえ方によっては、【前向きなチカラ】になることもあるんです。




どういうことかと言うと、もし普段の仕事にマンネリ感があるなら、

この変化が、ちょっとしたスパイスになる可能性がある、ということなんです。




すなわち、変化を【気分転換のきっかけ】と受け止めれば、マンネリ打破につなげることができるんです。




というのは、私自身が、実は2017年始から転勤で、大阪で勤務するようになったから。



今まで20年余り、ずーっと同じ職場に、同じ自宅から、同じ時間の電車に乗って、同じ道を通って通ってきました。



つまり、長い間、勤務先の場所が変わらなかったため、

今回の転勤は、それはもう【大変化】以外のナニモノでもないわけです。




とっても大きな変化、一言でと言えば、聞こえはいいかもしれません。




しかし、実を言えば、これまでやっていた仕事にハッキリ言ってちょっとあきていたところがあったんです。

そのタイミングで今回の転勤。



今度、転勤先で取り組む仕事は、今までやっていたものとはまーったく違う新しい仕事だったんです。




この仕事の変化は、おそらく一般的には、耐えられないくらいの変化と言えると思います。



しかし、この大きな変化を受け止める方法を今回、試してみたんです。




いったい、どうやってこの大きな変化を受け止めていると思いますか?



.....




....




...




..








【ゼロからのスタート】



そうなんです。

マンネリを打破するキッカケととらえ、【ゼロからのスタート】と受け止めたんです。



ゼロからのスタートと言っても、これまでの経験があるわけですから完全なゼロではありません。



むしろ、これまでの経験を元に新しい仕事を見ると、

「なぜこの方法でやるんだろう?」とか

「こうやれば良いのに…」といった疑問がいくつか出てくるんですね。




これをネタとして新しい仕事に取り組めば、大きなストレスをコントロールしながら、

仕事のやりがいにつなげられますよ。



もし、転勤などの変化がないならば、「なぜ?」という視点で、職場を見直すと

仕事のやりがいを見いだせるはずです。





変化はストレスがかかりますが、上手くコントロールすればチャンスにもなりますよ。
タグ