あなたは、話している相手に【何が言いたいのかが分からない!】と言われたことはありますか?

unrecognize.jpg

ひょっとすると、あなたご自身ではなく、あなたの周りに、

何が言いたいのか、話がわかりにくい人がいるかもしれませんね。




なぜ、話がわかりにくいのでしょうか?




実は、話のわかりにくい人には、次の2つの大きな特徴があるんです。



(1)話が30秒以上かかる


会話とは、言葉のキャッチボール。 相手があってこそ、会話が成り立ちます。

しかし、その大切なことを忘れて、グワーっと一方的に30秒以上話すと、

聞いている相手は、「何か演説を聞いているみたいだ」とイラッとするものです。




(2)話にまとまりがない


自分の頭の中にあることを順序立てずに、すべて言ってしまおうとすると、

何を言っているかがわからなくなります。



こうなると、話を聞いている相手は、口をはさめなくなります。




つまり、話がわかりにくい人の共通点は【自分の言いたいことを一方的に話す】と言えます。


自分だけが話をして満足してしまうんですね。




逆に、話がわかりやすい人の特徴はと言うと、


(1)結論を先に話す

(2)わかりやすい単語を使う

(3)単刀直入に話す


この3点と言えるでしょう。



この3点を意識して話をすれば、相手にわかりやすい話ができるようになります。

ぜひ、取り入れてみてくださいね。
カテゴリ
タグ