あなたは、ものを食べるとき、きちんと噛んでいますか?
eating.jpg

私の友人の場合、ストレスがたまると、噛むことを忘れてしまうとのことです。



具体的には、ものを食べる時にあまり噛まずに、ドカ食いをしてしまうのです。




先日、その友人と牛丼屋に行ったとき、

私は並盛、友人は特盛を注文したのですが、

友人のほうが早くに食べ終わるという有様でした。





一方、私の場合、ストレスがたまってココロがざらついてくると、

奥歯をグッと噛んでしまうんです。




奥歯を噛むことで、ストレスを軽減しようと身体が無意識に反応してしまうようです。





元東邦大学医学部教授の有田秀穂先生によると、

ものを噛むことは、ストレス対策にとても良いとのこと。

特に、一定のリズムでものを噛めば、【セロトニン神経】を活性化できるそうです。




セロトニン神経とは、脳の中心である脳幹の真ん中にあって、

あらゆる神経につながっている神経で、ココロの活気をコントロールしています。




つまり、セロトニン神経が活性化すると、ストレスに立ち向かう力が強くなるんです。




この話を本で読んでからと言うもの、私は、ガムを噛むようにしています。

仕事をしながら、本を読みながら、いつもガムを噛むんです。



すると、そのせいなのか、ストレスをあまり感じなくなりました。

ココロが軽くなった気がしてくるんです。



だから、あなたの職場で、仕事中のガムがOKなら、ガムを噛みながら仕事をしてください。

きっと仕事のストレスを軽くできますよ。
タグ