「充分眠ったはずなのに、ナゼか眠い…」

このように感じることがありませんか?
sleepy2.jpg

その理由は、ひょっとすると【睡眠時間は充分でも、眠りが浅い】可能性があります。



もしも、そんなツラい状況にあるならば、【睡眠の質】を高めるように工夫してみましょう。



睡眠時の理想は、眠り始めてからなるべく短時間のうちに深い眠りに入ること、と言われています。



そこで今日は、【睡眠の質】を高めるための方法をいくつかシェアしますね!



(1)眠る前に軽い運動をする

散歩で軽く汗をかいておいたり、眠る前にストレッチで体を伸ばすと眠りに入りやすくなります。



(2)お酒を飲みすぎない

お酒を飲むと、寝付きは良くなる反面、眠りが浅くなってしまいます。

だから、しっかり眠りたい時には、お酒は控えめにしましょう。




(3)寝室の気温と湿度を整える

寝室の温度と湿度を、季節に合わせて快適な状態にします。

今の季節は、空気が乾燥しがちなので、加湿器を使うのがオススメです。




(4)気になることを紙に書き出しておく


悩みごと、心配ごとや不安があると、気になってなかなか眠れなくなります。

やっとの思いで眠ったとしても、イヤな夢を見たり、眠りが浅いために

夜中に目が覚めてしまうことがあります。

だから、寝床に入る前に、心配ごとや悩みごとを紙に書いて、頭の中をスッキリと整理しておきます。

色々な悩みを紙に書き出すと、不思議と気持ちが落ち着いてきます。




いかがでしょうか?

さっそくこれら4つのことがらを実践してみてくださいね。


きっと【睡眠の質】が上がりますよ!



P.S.

気になることを書き出すことの効果は、【眠りの質】の改善だけではありません。


こちらのe-Bookに、その他の効果がまとめられていますよ。

⇒ http://nbscr.net/s/n5oze3od
タグ