あなたは、誰かに仕事を振られたとき、対応の順番をどのように決めていますか?

priority.jpg

あなたが誰かに雇われているなら、おそらく次から次へと仕事が振られているのではないでしょうか?



私も勤め人なので、上司から毎日バンバン仕事が割り振られて、

しばしば身動きが取れなくなることがあり、気づけばストレスがたまっている…(T_T)


今はスピードが勝負の時代ですから、とても大変です。

ハッキリ言って、ベテランになった今でもツラいです。




さて、あなたが多くの仕事をこなすとき、優先順位を意識するのは大切なことです。



しかし、優先順位に対する考え方を間違えると、すぐにストレスがたまってしまいますよ。



どういうことかと言うと.....


たとえば、ここに仕事が10個あるとします。


多くの人は1番から10番の順番を付けて、1番目から順に手を付けると思います。


しかし、ひとたび優先順位を意識すると、

ついつい1番の仕事から10番の仕事まで全部をやらなければと思ってしまいがち。



だから、

仮に8番目の仕事までをやり終えても、『2つの仕事ができなかった…』と自己評価を下げてしまいます。

または3番目までしかできていなかったら『まだ7つも残っている…』と

ココロがキューッと苦しくなってしまうんです。



つまり、優先順位を意識し過ぎると、

「全ての仕事を終えなければならない」という思いにしばり付けられてしまうため、

仮に、全ての仕事ができなかったときに、私たちは自己評価を下げてしまうのです。



仕事を計画通りに最後までやり抜くのは、とても立派で素晴らしいことです。



しかし、

今や変化が目まぐるしい時代ですから、やるべき仕事の優先順位や内容は、コロコロ変わるものでもあります。


このため朝令暮改(ちょうれいぼかい)もちっとも珍しくありません。



だからこそ

【優先順位の見直しは何度も必要】

なのです。



その上、見直しの回数だけでなく、見直しをする観点に、


【これは自分にとって必要な仕事か?】

【自分でなければできない仕事か?】


を意識して加えることも、とても大切です。




具体的には、10個の仕事がある場合、

「これは同僚に手伝ってもらおう」とか

「これは外部に発注しよう」と

1つ1つの仕事をじっくり見極めて、【自分でやらない仕事を決める】んです。



こうすると、あなたがやらなければならない仕事はグッと少なくなります。


その上、仕事が少なくなるだけではなく、その仕事が得意な人に任せることで、

あなたが手がけるよりも良い仕事ができ、仕事全体の完成度がググッと上がるんです。





今や膨大な仕事量や情報に囲まれる時代。


だからこそ、

自分がやる必要がないことや苦手なことを都度見直して、整理していかないと

ストレスに押しつぶされて、ココロを病んでしまいます。



それ以前に、自分だけで仕事をやろうとすると、仕事の完成度が高まりません。



いい仕事をするためにも、振られた仕事をすぐに始めるのではなく、

自分でやらない仕事を決めてから優先順位を決めるようにしましょう。


そして、できる人の力を積極的に借りましょう。



《編集後記》

天気予報によると、私の暮らす東京西部は今夜から明日未明に雪が降るとのこと…



最近めっきり寒くなっては来たものの、この地方で11月のうちから雪が降るのは

とっても珍しいことなんです。



しかも、明日の朝が雪のピークのようなので、通勤がイヤだなぁ...(T_T)


今はただ予報が外れることを祈るばかりです。
カテゴリ
タグ