あなたは、「成功できる人」と「成功できない人」の違いがどこにあると思いますか?

tv.jpg

もちろん、生まれ育った環境の違いはあります。

しかし、何が決定的に違うかというと、私は【時間の使い方】ではないかと思います。




【時間】だけは、どんな人にも平等に、1日24時間が与えられています。

24時間のうち、睡眠や食事などの生きていくのに必要不可欠な時間を引いた残りの時間。


この【残りの時間】の使い方が、「成功できる人」と「成功できない人」に違いがあります。




何が決定的に違うのか?



「成功できる人」は、毎日、未来につながる行動をしています。

一方、「成功できない人」は、日々の雑多な作業をこなした後、

テレビやネットサーフィンをして、くつろいでしまうものなのです。



もちろん、すべてのテレビやネットサーフィンが悪いというつもりはありません。




テレビやネットを見る「目的」がハッキリしていれば問題はありません。

問題なのは、時間があれば適当にテレビやネットをダラダラと見てしまうことです。



たとえば、夜、会社から帰宅した後、

何となくテレビの電源をつけて、何となくその時にやっている番組をビール片手に見る…



このような目的がはっきりしないテレビの見方を、

いわゆる「成功している人」は、まずしないものです。



もちろん、休憩のためにテレビを見るのは悪いことではありません。



問題は、ダラダラと見てしまうこと。



たとえば、毎日3時間、ダラダラとテレビやネットを見たとすると、

1ヶ月30日間の場合で90時間、1年では何と1095時間にもなります。



この時間を、未来のために使うのか、ダラダラと過ごすのか?



ここに大きな差が生じるのは明らかです。




【時間】は、私たちが生きている限り、同じ量が、全員に与えられています。

この時間をいかに有効に使っていくか?

このことを意識して、行動できた人が、成功していくのではないかと思います。



もし、時間の使い方に思い当たる点あるならば、ここで「見直し」をしてみましょう。



《編集後記》

今日の記事を書いていて、私自身も、「時間の使い方」を見直すきっかけになりました。


恥ずかしながら、私は、「目的が何か?」をときどき忘れて、今やっていることを目的に

すり替えてしてしまうことがあるんです。


気をつけます(^_^;)
カテゴリ
タグ