あなたは、がんばり過ぎていませんか?

tired.jpg

肩こりがひどかったり、時々めまいがしたり。


朝から晩はもちろん、深夜遅くまで、寝る間も食べる間もおしんで働きづめの毎日。



こんな働き方をしていると、ココロも身体もかなり疲れてしまいます。




若いうちは無理がきくかもしれません。

しかし、年令を重ねていくに連れ、無理ができなくなってきます。




もちろん、がんばることは悪いことではありません。



がんばって、お客さまや取引先に喜んでもらうとともに、あなた自身も

より良い生活をするのは、人として健全な営みなのかもしれません。




しかし、人のため、自分のためにがんばっているというより


【がんばるためにだけ、がんばっている】


というようになっていると...





ハッキリ言って「危ない」です。




なぜなら、

がんばることだけが目的になってしまうと

あなた自身に合ったペースで走れなくなってしまうから。



フルマラソンを走るというのに、100m走のような勢いで走ると

当然、42km超を走りきれません。



だから、

気持ちに身体がついていけなくなって、足がもつれて、転んで、痛い思いをすることになります。





【「自分のペース」を知ることが大切】



どのくらいのスピードで走るのがあなたにとってベストなのか?

また、ゴールまで完走するには、休憩を何回くらい入れるのが良いのか?

これらを知ることが大切です。




無理のない目標と無理のないペース。


これを守っていけば、ゴールにも行けるし

がんばり過ぎて途中で倒れることがなくなります。



無理なく走りきれる「自分のペース」を見つけていきましょう。



《編集後記》

もう15年も前のことですが、かつて、私はがんばり過ぎて、うつ病になりました。



当時、あるシステム開発プロジェクトでゴールを目指して走っていたのですが、

思い返せば、がんばること自体が目的になってしまっていたように思います。



計画的に平日に休暇を入れることを全くしていませんでした。



会社で働いていると、なかなか自分のペースだけで仕事を進めるのが難しいものですが、

あえて休暇を入れていたら、今が変わっていたかもしれない、と思います。



人生には「たられば」はありません。

が、最近はこれが楽しみの元かも…と思うようになれましたよ!
タグ