あなたは、「ストレスが大きい職場」と聞いたとき、その大きさがどのくらいかパッと想像できますか?

fragrant.jpg
しんどそうな職場だなぁ...とは思っても、そのしんどさがどのくらいのレベルなのかは多分、ハッキリとは分からないのではないでしょうか?


「ストレスが溜まっている」という話もよく聞きますが、これもその程度が実際、どのくらいかはわかりません。



一方、「貯金が100万円ある」と聞けば、その大きさ・量がとてもわかり易いですよね。


そもそも、ストレスは目に見えないので、強さを表しにくいのが問題点でしょう。



【ストレスを「数値」に当てはめて "見える化" すれば、不安が小さくなる!】



あるカレーのチェーン店では、カレーの辛さを1辛から10辛まで、細かくオーダーできます。


これと同じように、ストレスの度合い・強さを10段階で評価してみましょう。


たとえば、仕事でミスをして上司に叱られたときに、その凹み度合いを数値化するんです。

今回は軽い注意だったので2点かな、とか、コッテリ絞られたので6点だな、と感覚的に数値化します。

これをしばらく続けると、ストレス度のモノサシがあなたの中にだんだんできあがってきます。

そんなモノサシが頭の中にあれば、「今回は最大値ではない!」とココロに余裕ができる、というわけです。


ココロの中は他の人からは見えませんし、自分自身でもよくわからなくなることがありますよね。


だからこそ、その時の凹み度合いやストレス度を10を最大値とする「数値」に当てはめてみましょう。

そうすると、何だかその不安が小さく感じられて、スーッと冷静になれますよ。


P.S.

ちなみに、先のカレー店では、1辛が一般的なカレーの辛口程度とのこと。

その定義はコチラです。

⇒ http://nbscr.net/s/curry
(あるカレー店の辛さ定義に飛びます)

3辛は10段階の3だから、全く辛くないイメージがありますが、実際には相当辛い!

大汗かきそうですね。(^^)



《編集後記》

今朝の通勤で駅まで歩いていたら、どこからともなく、あま~い良い香りが。


そう、キンモクセイです。


私はこの香りでホッとできるので、大好きなんです♪


季節はもう秋ですね。
タグ