あなたは、昨晩、何時間眠りましたか?


睡眠時間は、

長いほど良いイメージがありますよね。



でも実は、寝過ぎは身体に良くないんです。



と言うのは、

寝過ぎるとレム睡眠という「浅い眠り」が続いてしまうからなんです。



「浅い眠り」の時、身体は眠っているのに脳だけが活発に動いているので、

体内時計が狂ってしまったり、ホルモンの分泌が乱れてしまって、

頭痛などの体調不良の原因にもなるんです。



寝不足は身体に良くないですが、寝過ぎも、同じくらい良くないんですね…



では、一体どのくらい眠れば良いのでしょうか?



実は、最適な睡眠時間は、人それぞれなんです。



「7時間睡眠が最適」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、

これは一般論なんですね。



もし、長時間眠ったはずなのに疲れが取れない…ということがあるならば、

その睡眠時間はあなたに合っていないのかもしれません。



そんな時には、

睡眠時間を増やしたり減らしたりしながらあなた自身のベストな時間を

見つけるのが良いでしょう。



1日24時間のうち、まとまった時間を睡眠に費やすわけですから、

睡眠の「質」にもこだわってみましょう!



《編集後記》

私のベストな睡眠時間は5時間半です。


もちろん、体調の良し悪しや疲れ具合によって、

長めにすることはありますが、だいたいこんな時間です。


30代の頃は6時間半から7時間でしたが、

40代半ばの今は、短くなりました(笑)


年をとると睡眠時間が短くなる、と聞いたことがあるんですが、

これはホンマですね!
カテゴリ
タグ