「世界一忙しい人」って、誰でしょうか?



・・・思い浮かべる人はそれぞれ違うと思います。



そんな忙しい人のひとりに、アメリカ大統領のバラク・オバマ氏は

きっと含まれているでしょう。


そんなオバマ氏、実は、日々の激務の合間を縫って、

毎朝欠かさずランニングを行っていることで知られています。


「世界一忙しい人」であろう人が、ランニングを習慣にできるほどの

時間を作り出している...


なぜ、日々の激務の中、「自分の時間」もきっちり確保できる人もいる一方で、

「忙しい、忙しい...」といつも時間がないと悩む人がいるのでしょうか?


日々の激務の中でも時間を作れる人とそうでない人との違いは、

ズバリ「時間の使い方」にあります。


全てのことに均等に時間をかけていては、いつまでたっても時間を作れません。


世の中には、「一流の人ほど多くのことをやっている」というイメージがありますよね。


重要な仕事を何件も抱えているのに、ランニングで体を鍛えたり、

家族サービスにいそしんだり...

一体いつ休んでいるんだろう?


そんな風に思えます。


しかし、多くのことをこなしているように見える人は、

実は、多くのことに対して、「これはやらない」と決めて、

かつ実践できているのです。


例えばネットで調べ物をするはずなのに、いつの間にかニュースを読んでいる...等。


・・・思い当たりませんか?


「当初の目的と違う行動をしない」と決めて実践する。


これを意識して行動するだけで、ムダな時間を減らせるんです。


1回1回の時間は数分でも、何回も目的と違う行動をすると、

まとまった時間になります。


だから、まずは「これをやらない!」と決意するところから始めませんか?
タグ